愛媛の看護師の復職・転職・就職をサポートします!
MENU MENU Close

ナースマッチえひめとは
About us

看護の現場への復職・就職をしたいけど、悩んでいる方、
まずはナースマッチえひめにご相談ください。

名称に込められた意味

復職しようか悩んでいる看護師・転職希望者の「気持ち」心に火をつけるのが、ナースマッチえひめの役目です。 「ナースマッチえひめ」は復職希望看護師・転職希望者の方の復職の実現を通じて、医療・地域を巻き込んだ地元への貢献活動を行っていきます。

成長:新しい知識を役立てたい(地域へ貢献したい) 熱意:やりがいを感じたい(もういちど医療の現場に戻り、やりがいを感じたい) 貢献:地域へ貢献したい(医療・看護を、身近な存在にし、もっと地域へ貢献したい) 成長 熱意 貢献 成長:新しい知識を役立てたい(地域へ貢献したい) 熱意:やりがいを感じたい(もういちど医療の現場に戻り、やりがいを感じたい) 貢献:地域へ貢献したい(医療・看護を、身近な存在にし、もっと地域へ貢献したい)

サービス設立の背景

あなたが医療の現場から離れている間に
現場の人材不足がさらに深刻になっているのをご存じですか?

サービス設立の背景 サービス設立の背景

わたしたちの暮らす愛媛県の高齢化率(65歳以上人口/総人口の割合)は2025年には34.6%になると予測(平成27年度高齢者人口統計表)されています。なんと3人のうち1人以上が65歳以上という社会です。高齢化に伴い、怪我や病気をしやすくなる高齢者にとって医療は切っても切り離すことができない社会基盤です。

その社会基盤において深刻な事態を招く一因が、医療現場の人材不足です。
すでに現実の問題として医師や看護師が慢性的に不足した状態に陥っています。
わたしたちが当たり前に、安心して受けていた質の高い医療が受けられなく可能性があるということで、これは高齢者だけの問題にとどまりません。医療現場の人材不足は、働き盛りの若者や、未来を担う子どもたちにも影響が及んでくることが考えられます。

私たちの思い

世の中には私たちが知らないだけで、
多くの優秀な潜在看護師の方が就業していない事実があります

私たちの思い 私たちの思い

なぜ看護師は不足していると言われるのでしょうか?
毎年約5万人程度の新しい看護師が誕生しているのに…

それは、離職者の多さです。年間約8万人が離職し、再就職者が6万人。実質の離職者2万人。
毎年約3万人の新たな看護師が誕生していますが、その必要数には追いついていない状態が続いています。看護師の有資格者のうち、就業者は160万人、潜在看護師は70万人。

看護師免許を持っていても、看護師として働いていない看護師が約70万人います。
この内の数パーセントの方が医療の現場に戻ることができたら…

あなたにもきっとできます!
悩みや不安を「復職」へのやる気へと変える後押しをいたします

あなたにもきっとできます! あなたにもきっとできます!

希望に燃え、やりがいを感じて現場で活躍していた看護師のみなさん。
あなたにとって「やりがい」って何だったでしょうか?

多くの看護師にとって、患者さんやご家族に「ありがとう」と言われたとき。
「自分が役に立った」そう感じることのできる仕事が幸せであり、やりがいを感じるのではないでしょうか?

やりがいを感じていたからこそ、たとえ辛いことがあっても、看護師として仕事を続けることができたのだと思います。しかし、看護師は女性の多い職場であり、結婚・出産・子育てなどを含め様々な理由で離職するケースが多かったのではないでしょうか?そして今、子育てがひと段落したり、生活パターンが変わったり、もういちど看護師として現場復帰をしようと思ったときに、こんな不安がよぎります。

  • 「昔のように、夜勤による不規則な生活に戻れるか不安」
  • 「病院で働きながら、育児や家事と両立することができるかな…」
  • 「現場を離れていたブランクが長すぎて、周りに迷惑を掛けそうだな…」
  • 「新しい医療知識や技術に追いつけるか分からない」

果たして、自分にできるのだろうか・・・
でも、もういちど働くなら、あの「やりがい」を感じる看護師として仕事をしたい。そんな希望と不安を抱え悩んでいるあなたのお手伝いがしたい。こんな想いを持って、ナースマッチえひめは地元愛媛で復職・転職を考えている看護師のみなさんの応援します。